パケットロジック・ソフトウェアはプロセラのインターネット分析ソリューションの基盤となるものです。パケットロジックはその独自機能により洞察を与えると同時にアクションの実行を可能とすることで、加入者体験の品質向上を行うよう設計され他社ソリューションとは一線を画しています。これらのソリューションはモジュラー型の構成で、ネットワークオペレータが自らのネットワークで直面する個別の問題を解決できるよう独自のユースケースを実現できるよう設計されています。

アドバンスト トラフィック ステアリング(ATS)は加入者・アプリケーション・コンテンツ認識型サービスの作成のためのプロセラのソリューションです。ATSによりオペレータは、トータルのバンド幅や自らのシステム経由で送信しなければならないトラフィックの削減により恩恵を受けることになる付加価値サービス向けのトラフィックを高精度にリダイレクトすることが可能になります。最適化、キャッシング、ニッチな分析処理、もしくはプロトコル特定のサービスなどが、資本支出を劇的に削減すると同時にパケットロジックのソリューションにより運用の複雑さを解消できるオペレータにとっての良いサービス事例となります。

ブロードバンド加入者はそのブロードバンド・ネットワークにおける高いQoEを要求し続けます。あなたの提供するQoEはいかがでしょうか?

消費者は固定網とモバイル・ブロードバンドネットワークに依存しています。それらのネットワークの品質問題は消費者の不満、カスタマー・サポート・コール、加入者が他社に流れてしまう事態を引き起こします。インテリジェントなネットワークがあれば、無制限のバンド幅を用意することもなく、高付加価値のアプリケーションやリアルタイム・トラフィックが加入者の期待値に応えられるようにすることが可能となります。

プロセラのパケットロジック・ネットワーク品質保証ソフトウェアにより、ブロードバンド・ネットワークオペレータは、変化し続けるネットワークや加入者の要求を満たすように適切な輻輳管理ソリューションを選択することが出来ます。

プロセラ独自の加入者・アプリケーション・コンテンツ・端末デバイス・ロケーション・QoEの可視化機能によって、個々の加入者のQoE期待値に応じた輻輳管理ソリューションを実現可能にします。

Service Velocity is a key goal for mobile network operators in today’s highly competitive market landscape. To meet that need, many are adopting 3GPP standards that enable best-of-breed, multi-vendor solutions for creating and provisioning new, targeted service packages, with flexible charging.

Procera’s PacketLogic solutions support these advantages, integrating tightly into the 3GPP PCC architecture by functioning as a policy enforcement point. Our solutions utilize Gx, Gy, and CDR interfaces to interact with 3GPP PCC components, including the Policy and Charging Rules Function (PCRF), Online Charging System (OCS) and Offline Charging System (OFCS) to enable innovative services that leverage Procera’s unique visibility of subscriber, application, content, device, location, and quality of experience (QoE).

PacketLogic solutions enable a variety of use cases that provide significant benefits to mobile broadband operators, including:

  • Service Innovation – Differentiated services based on Procera’s granular subscriber awareness and enforcement capabilities.
  • Subscriber Usage Management– Subscriber consumption plans based on usage, time, location, devices, and other attributes.
  • Intelligent Charging– Targeted services based on content, applications, location, or any of Procera’s thousands of application and content attributes.
  • Network Quality Assurance – Ensuring that network quality is maintained through the use of Service Tiering or fair usage using Procera’s advanced RAN and location awareness.
  • Advanced Traffic Steering – Trigger Advanced Traffic Steering when services or congestion can be managed using value-added services.

ネットワーク・アプリケーション・可視化ライブラリ (NAVL)はリアルタイムなネットワークトラフィックのレイヤ7識別機能を提供する次世代ディープ・パケット・インスペクション(DPI)ソフトウェアエンジンです。市場に普及しているあらゆるプロセッサーとオペレーティングシステム上で稼働する互換性があり、開発ベンダーにとっては自社本来の中核技術に注力しながら、プロセラから提供される先進的なDPI機能を自社製品に組込むことが可能となります。

Deep Packet Inspection NAVL - Layer 7 visibility

パケットロジック・インテリジェンス・センターはパケットロジック製品から収集されるすべての分析データのストレージ・ソリューションです。インテリジェンス・センターから取得されるデータはパケットロジック・クライアントもしくはレポート・スタジオにより表示することが可能で、外部のビッグデータ・システムに転送・アップロードされるか、もしくはインターネット・インテリジェンス・センターにより可視化処理されます。

プロセラのコンテンツ・ロジックソフトウェアは明確に定義されたインターネット・トラフィックの分類を可能にし、特定コンテンツタイプや特定URLに基づく精緻なポリシー実行を可能にします。

コンテンツ・ロジックは規制要件準拠、マルウェア・フィッシング詐欺・不正利用によるリスク極小化、または次世代の加入者サービスを創り出すためのコンテンツ分析機能を提供します。プロセラのDatastream Recognition Definition Language “DRDL”TMを利用することで、コンテンツ・ロジックはしっかりと定義されたカテゴリーとあらゆる要件にマッチするユーザ定義リストに沿ってインターネット・トラフィックを識別します。これにより、特定のトラフィック・フローに対してリアルタイムにプロセラのポリシー実行がフルレンジで適用可能となります。既存のコンテンツ管理ソリューションをリプレースするのか、新規のレベニューサービスを展開するのかに関わらず、コンテンツ・ロジックはそのご要望に沿うものとなります。